水素の燃料

燃料電池自動車は水素を燃料として走ります。実際は大気中の空気を取りこんで、空気中に含まれる酸素と化学反応を起こさせることで、モーターを回して動力を得て走る車です。
この方法の特徴は、エネルギー効率がいいといったことがあげられます。ガソリンを使用した内燃機関が15%前後なのに比較して、2倍近い30%程度の効率となっていますので、非常に高い高効率で動力を得ることができているといえます。

燃料が化石燃料ではありませんから、石油などの枯渇といったことが心配される必要がなく、有害となるガスが排出されないといったことも特徴といえます。発生するのは水蒸気のみとなっていますから、大気汚染や温暖化の原因と考えられている二酸化炭素の排出がないといったことも注目されています。また、窒素酸化物や炭化物といったような有害大気汚染物質の排出もありませんので、クリーンなエネルギー源といっていいでしょう。
そして、騒音が少なく、電気自動車のような長時間の充電も不要といったような特徴もあります。
ただ、この方法では燃料の補給地を設置する必要がでてくるといったようなこともありますから、今後が期待されている技術といっていいでしょう。

コメントは受け付けていません。