燃料電池自動車の仕組みと特徴

自動車は、動力源が何であれ最終的に回転運動を生み出せれば良いわけです。化石燃料を燃料とする車は、レシプロエンジンかロータリーエンジンといった内燃機関で動きます。これに対し、電気自動車は電池から供給される電力でモーターを回転させるという点で、内燃機関より高いエネルギー効率が得られる上に環境に負荷をかけないのですが、現時点では電池の容量が十分ではないので一度の充電での走行可能距離が課題です。

葉01
燃料電池自動車は、水素と酸素を反応させる「燃料電池」によってモーターを回転させて動力とする点は電気自動車と同じです、電気自動車に較べて飛躍的に走行距離が伸びることが期待される自動車です。その燃料電池の仕組みですが、「正極活物質」は空気中の酸素を使用するので無尽蔵と言ってもいいでしょう。「負極活物質」は水素が使用されます。電気自動車の電池は正極材と負極材が反応によって不活性化すれば燃料切れになり充電が必要ですが、燃料電池は水素を多く搭載できればこれよりはるかに長い距離を走行できます。反応する物質は水素と酸素であるため、その結果排出されるのは水蒸気で、環境汚染や地球温暖化につながる物質が全く排出されません。”

コメントは受け付けていません。