燃料電池自動車の特徴は燃料

温室効果ガスである二酸化炭素の削減が急がれる昨今、注目されているのが「燃料電池自動車」(FCV)です。マスコミの報道で聞いたことがある方は多いでしょうが、どういう原理なのか、とか「燃料電池」とはどういう仕組みなのか、と聞かれたら、答えられる方はどれくらいいるでしょうか。
 おおまかに言うと、FCVは水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使って、モーターを回して走る自動車です。その特徴は走行で発生するのは水だけなので大気汚染をしない、ガソリン自動車に比べてエネルギー効率が2倍近く高い、ガソリン車と較べて騒音が少ない、などが挙げられます。

葉02
とりわけ、その動力源に関するメリットが注目されています。燃料として水素そのものでなくても天然ガスやエタノールなど、水素を発生させるものであれば利用可能です。また、同じく低公害車として注目されている電気自動車と違って、長い時間をかけて動力を補給する必要がありません。
一方で、「水素」を動力源にする上で安全対策が課題になります。ですから、その供給方法としては液体水素方式や、水素を特殊な合金に吸収させて必要に応じて取り出す方式などが考えられていますがどれも一長一短があるので、これからの研究が待たれるところです。

コメントは受け付けていません。