メタノールの燃料

メタノールというと消毒液を連想する人が多いですが、古くから自動車のエンジン等の内燃機関の燃料として用いられてきており、自動車ではベンゼンを混ぜた混合燃料が主に使われています。ただしガソリンの代替燃料としては今のところさほど期待されていません。なぜなら同じような燃料にエタノールがありますが、これと比べて少なくとも現時点では天然ガス等の資源を原料にしなければならず、有限資源の消費を回避する意味があまりないからです。最近では地球温暖化などの問題も相まって環境保護の動きが世界中に広まっていますが、少なくとも有限資源の消費は促進してしまいます。

他に代替燃料として期待されているエタノールと比べた場合においても腐食性が大きい点や熱量が少ない点、他にも揮発性が高く管理が困難であったり人体への害が大きいなどの点も非常に問題です。ただし天然資源がまだ地球上に豊富にある現在ではエタノールと比べ、低コストでの大量生産が可能であり優れているといえます。さらに毒性や揮発性ではエタノールと比べ大きく劣ってしまうものの、現在自動車燃料として主流になっているガソリンと比較した場合はさほど大きな問題になりえません。有限資源を使うことなく作成することができれば非常に優れた燃料といえます。

コメントは受け付けていません。