高圧ガス容器での燃料の貯蔵方式

燃料電池自動車は、燃料として補給される水素と、空気中の酸素とを反応させることでエネルギーが得られる仕組みを応用した燃料電池を搭載している自動車のことで、環境問題に配慮したガソリン車に代わる次世代自動車として注目を浴びています。
この燃料電池自動車の燃料の貯蔵方式にはいくつかの方法がありますが、そのひとつとして、高圧ガス容器に気体の状態の水素を圧縮して貯蔵する方法が知られています。

この方式は、エネルギー効率が他の方式と比較しても優れているとともに、アルミ・カーボンFRP容器の使用など、容器の質量を軽くする技術が活用できるというメリットがあります。
ただし、高圧水素を扱うことから、水素が万が一漏れ出しても車内に滞留させないことや、漏れた水素を安全に車外に排出できるようにすることなど、容器そのものの気密性や取付位置、取付方法などの安全性を担保するための高度な工夫が求められます。
このような技術の進展に対応して、国土交通省では道路運送車両法、経済産業省では高圧ガス保安法に基づく技術的細目などの基準をそれぞれ定めており、こうした基準に則った技術が確認されれば、メーカーサイドでは公道走行ができる製品として随時投入することが可能になります。

コメントは受け付けていません。