補助電源の特徴

燃料電池自動車は、車内に搭載した燃料電池により、水素と酸素の化学反応によって得られる電気エネルギーをもとにしてモーターを回転させて自走するタイプの自動車のことで、地球温暖化の元凶となる二酸化炭素を排出することとなる化石燃料を使わずにエネルギーが得られるため、環境問題を解決する切り札として注目されています。
この燃料電池自動車は、水素ステーションから直接水素の供給を受ける構造のものがいちばんシンプルでコストもかかりにくいといわれていますが、実際に公道を走行するにあたっては、坂道や悪路などでの加速性能に問題があることから、「補助電源」として、他のエネルギーと組み合わせて自走するハイブリッド方式が有力となっています。

葉03

このハイブリッド方式では、回生エネルギーの再利用が可能なため、効率のよいシステムを組むことができるほか、自動車のスタート時や緊急時のバックアップ電源確保という点でも優れており、信頼性・安全性がより大きいという特徴がありますが、当然ながら内部のシステム設計は複雑になり、車両の総重量も増加するというデメリットはあります。
我が国ではメインの電源とニッケル水素型の蓄電池をサブとするハイブリッド方式が多いのに比べ、欧米では燃料電池単独のものが多くみられます。
これは、ドイツのアウトバーンをはじめとして、欧米では長距離・長時間の高速走行が一般的であるのに対し、我が国では道路事情が貧弱であり、渋滞や加速・減速の機会が多い都市内交通で自動車が使用される頻度が高いという点にも起因しています。

コメントは受け付けていません。