ガソリンの燃料

ガソリンとは30度から220度の範囲に沸点がある石油製品のことです。gasという英語とフェノールやアルコールを意味する英単語の語尾につくol、不飽和炭化水素を組み合わせたものです。日本で燃料が切れた場合にガス欠という言葉が用いられますが、これはアメリカではガスということが多いことに起因します。日本の法令などの改まった文書では揮発油と呼ばれる場合があります。主成分は炭素と水素が結びついた炭化水素の混合物ですが、窒化物や硫黄などの不純物が含まれています。

}PgžxQ
この不純物らを製品にする差異には脱硫と呼ばれる硫黄を取り除く工程を経由して取り除かれて製品化されます。引火点は非常に低く、常温においては無色透明の臭気を放つ液体です。揮発性が大変高く、揮発した気体は空気よりも重いです。現在自動車において最も広く使われている燃料であり、他にも携帯用コンロなどに使用されます。元々は無色透明の液体ですが、灯油など臭気のにた他の液体と区別するために人為的に青色や赤褐色に着色されています。
自動車用として日本全国にあるスタンドで販売されています。腐食性がなく、暑い地区や暑い時期でも気化して噴出すようなことはなく、冬の低音でもエンジンを難なく始動することが可能です。

コメントは受け付けていません。