液体貯蔵での燃料の貯蔵方式

燃料電池自動車は、燃料電池を車内に搭載することにより、水素と酸素が結びつく化学反応で得られる電気を利用して推進する自動車です。
この水素を自動車の中に貯蔵する方法はいくつか存在し、そのひとつに極低温にした水素を液体貯蔵するというものがあります。
水素を液体の状態にするためには、マイナス253度という極低温にする必要がありますが、液化に成功すれば、通常の気体の場合に比べて、その体積を約800分の1程度まで小さくすることができます。
そのため、この方法は、都市内走行がメインの小型の乗用車などよりも、むしろトレーラーなどの大型車が水素を遠隔地に大量輸送する際の技術として注目されています。

–¼Ì–¢Ý’è-2

液体状態の水素を扱うにはいくつかのデメリットもあり、例えば、液化にあたって大量の電力を消費するためトータルとしては二酸化炭素排出量の抑制という趣旨にあわなくなる可能性があること、輸送の途中で高温にさらされると水素の一部が蒸発するなどのエネルギーのロスが発生してしまうこと、などが挙げられます。
極低温状態の水素を安全に貯蔵するにあたっては、ステンレス鋼やアルミニウム合金などで構成された、耐久性のある特殊な容器を使用することも必要になりますので、車両の開発とともに容器の開発も並行して進められています。

コメントは受け付けていません。