燃料電池自動車とはどんな車?

燃料電池自動車とは、水素をエネルギー源として水素と酸素と結びつくときのエネルギーによってモーターを回すことで走る自動車のことです。従来の自動車のエネルギーであるガソリンや軽油などは、燃やすことで二酸化炭素を排出していたために地球温暖化などの原因となっていました。しかし、水素をエネルギーとすることで、化学反応で酸素と結びついても後には水だけが残ることになります。最後に水だけが残ることで、究極の環境対応車になると期待されています。

}PgžxQ
しかしながら、これまでは水素を安全に閉じ込めておく技術が足りなかったために、実用化までには時間が掛かるとの見方が出ていました。水素というのは非常に燃えやすい物質となっているため、着火してしまうと爆発をしてしまう恐れがあったからです。しかし、ここ数年で水素を安全に閉じ込めておく技術が高まってきました。その結果として、2015年には自動車メーカーから量産化された自動車が発売される運びとなっています。新車の価格としては、700万円程度にするところが出ています。車の価格は高額となりますが、政府では200万円程度の補助金を付けるとの観測があり、実質的には500万円程度で販売される可能性があります。